画像|ローダー用ロゴ

BLOG

ブログ

2015 10/04
2015 10/04

こんにちは漣です。過去の記事<スタンディングデスク(立ち机)で漫画・イラスト製作ができるか試してみた >で(仮)スタンディングデスクを導入してから約1年。今回はついに(仮)を脱して、本気でスタンディン ...

こんにちは漣です。

過去の記事<スタンディングデスク(立ち机)で漫画・イラスト製作ができるか試してみた
で(仮)スタンディングデスクを導入してから約1年。
今回はついに(仮)を脱して、本気でスタンディングデスクを導入したレポートをお送りします。


■やってみてわかったスタンディングデスクとの付き合い方

健康維持のためにはじめたスタンディングデスクですが、
(仮)の立ち机で仕事を続けてみて、分かったことが3つありました。

① 机の高さを調整できる可動式の机のほうがやっぱり便利
② 背筋が伸びて姿勢が良くなった
③ 体調が悪い時や寒い時に立ち続けるのはキツイ。足がむくむことが多くなった
  
問題の足のむくみは、現在は歩いて運動をしたり休憩をすることで解消しましたが、
結局は、座りっぱなしも立ちっぱなしも体にはよくない!ということを身を持って知りました;

とはいえ、仮の設備で試したことでスタンディングデスクでも仕事ができることがわかりましたし、
座っても立っても疲れるのは同じなら、その時の体調にあわせて
座れる机と立てる机を選べるようにすればいいじゃないか?とも思ったので、
本格的に、立って座れるスタンディングデスクの環境を整えようと決めたのでした。

■ 電動昇降式のスタンディングデスク

昇降机にはハンドルを使って調節する手動式の製品もありますが、
より、高さを切り替えるのが簡単な電動式にしました。

導入したのはオカムラ「Swift」という国産の電動昇降デスクです。
W1200(1150)×D700の一番小さいサイズでも、ディスプレイとCintiq13HD と小型のキーボードも載せられました。
(少しピッタリすぎるので奥行きのあるD800にすればよかったかも)

商品を選んだポイント
////////////////////////////////////////////////////
・高さの数値が分かるインジケーターに3段階の高さを記憶できる
・総重量60kgまで昇降できて、物に当たったときの安全装置がついている
・机の形が滑らかでさわり心地が良く、机の板と脚の色が選べて部屋のインテリアにもあわせやすい
////////////////////////////////////////////////////

スタンディングデスクは、検索すると海外の製品のほうが種類豊富だし安価なものもありますが、
今回はメンテナンスなどの心配から最終的に国内の商品を選びました。

■ 立ったまま座れる椅子

高い机でも座れるカウンター用の椅子などでも代用できるようですが、
どうせ買うなら専用のものが良いだろうと思ったので、スタンディングデスク用の椅子を導入しました。

購入したのは海外のメーカーFOCALの商品で、
立ちながら座れる椅子「Locus Seat」です。

商品を選んだポイント
////////////////////////////////////////////////////
・エルゴノミクス(人間工学)に基づいて設計されている
・椅子が上下左右に可動するので座ったままでも姿勢が自由に変えられる
////////////////////////////////////////////////////

けっして安い買い物ではなかったのですが、いい椅子は10万くらいするっていうし…と言い聞かせて購入しました;
そして実際に使ってみると、この椅子の立ったまま座るような姿勢は期待以上に快適でした。
国内では実際に使っている方のレビューをほとんど見かけないので
一応、購入や使用の際に注意したことなども下記に載せておきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
高額な品物の海外通販は心配だったので、通販仲介会社のXボーダーさんで見積もりを出してもらって購入しました。
(メールや電話対応も良く無事に届きました)最初は、机とのセット購入も検討していたんですが、机の方だけ「超大型郵便」あつかいになり、送料を含めるとかなり高額になることが分かったので椅子だけ購入することにしました。
品物は自分で組み立て式です。説明書は英語ですが図解もあるし、座椅子のパーツを取り付けるだけなので難しくはなかったです。
足を置くスペースがあるのでけっこう幅をとります。下に車輪がついているので移動は比較的楽にできますが、机と接触しないようにスペースの確保ができるかをよく確認したほうが良いです。
また、写真ではわかりにくかったのですが、海外では靴を履いて使うためか、足を置く部分の黒い板が砂のようなざらざらした滑り止めになっています。素足や靴下だとひっかかるので、私はクッションを置いて足裏のダメージを軽減しています。ただし滑り止めのお陰でクッションが動かずにすんでいるので、あってよかったかなと思ってます。

あと、座る部分がクッションではなくて弾力のあるラバー製です。フィット感はあるので座り心地は悪くないのですが、あまり長時間座っているとおしりが痛くなります;これについてはクッションを自作するしかなさそうですが、全体的に製品の作りはしっかりしていて頑丈です。変わった形ですが姿勢も楽なので満足はしています!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

最後に。
実はこのレポートを書くのが遅れてしいまったので、すでにこの環境で4ヶ月は仕事を続けています。
机も椅子もずっと問題はなく使用できていますし、これからも長く愛用していきたいと思います!

それではまた!


<参考サイト>

これこそ”シットダウンスタンディングスタイル”「Locus」ワークステーションが画期的で良い感じ - NAVER まとめ
※ このレポートはあくまで個人の感想ですのであしからず。製品に関する個々の質問にはお答えしかねますので詳細は各社にお問い合わせください。

  • 記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE